sMedio True VR Sound

特徴

あらゆるOSとデバイスでVR Soundをデザインするための立体音響技術

sMedio True VR Sound は立体音響を実現するための基礎技術で、モノラル音源にあらゆる方向感を与えながらヘッドフォン試聴ができるようになります。また、モバイルデバイスやヘッドマウントディスプレイで試聴する場合には、ジャイロに連動した音像定位を行う機能も備えています。

これらVRを実現するスマートフォンアプリを作成する際に組み込むためのsMedio True VR SDKや、VRコンテンツ作成時のツール群へのプラグインを順次ご提供して参ります。

sMedio True VR Sound の技術を体験することのできる開発者向けAndroidアプリをGoogle Playから無料でダウンロードいただけます。

googleplay.png Android用のアプリはGoogle Playからダウンロードが可能です。


ヘッドフォンの外側から音が聞こえるリアルな臨場感

sMedio True VR Soundは、頭部伝達関数を利用した音像定位を行い、モノラル音源に対して、前後左右だけではなく、高さ方向に対しても方向感を与えることができます。更に、音の遠近感も効果を加えることで、動く音源をリアルに再現することができます。

あらゆるOS、デバイスのジャイロに対応

再生デバイスのジャイロ情報も音源定位に反映。VR再生に対して、視覚だけではなく、聴覚へも効果的な没入感を与えることができます。sMedio True VR SDKは、Androidをはじめ、iOS, Windows, Linuxへと対応OSを展開していきます。またUnityやUnreal EngineへのPlugInも予定しております。

様々な音場を再現するための音響効果

音が存在する場面は、様々な環境があります。部屋の大きさを表現するためのリバーブ効果を与えたり、障害物からの反射音を再現するための技術をご提供します。
また、音のリアル感を高めたり、迫力感を与えるといった効果を追加で付与することも可能です。

     
pagetop