sMedio True VR

特徴

smedio-true-vr-main.pngあらゆるOSとデバイスでVR Soundをデザインするための立体音響技術「sMedio True VR」は、sMedioが開発実績を重ねてきたマルチメディア技術を、VR 分野へ展開する基礎技術です。各種ソフトウェア、デバイス、サービスへの対応を行ってゆくことにより、VR への対応を行います。
WindowsR対応360°ビデオプレーヤーを皮切りに、今後も開発製品を拡張していきます。


Windows 対応 360°ビデオプレーヤー

360°ビデオ再生

本プレーヤーでは、360°カメラで録画された最大4K Ultra-HD解像度の全天球パノラマビデオを再生することができます。360°ビデオプレーヤーのパンニング、ズーム機能を使って、通常のビデオ視聴では体験できない、あらゆる方向からの風景を体験し、その場にいるような実感と共に、 没入感のある視聴体験を実感することができます。

smedio-true-vr-live.jpg

視聴例)

音楽ライブを360°ビデオを見ると、ミュージシャンや聴衆の視点でライブを楽しむことができます。足元から青空の風景までのダイナミックにパンニングができ、ひしめき合う聴衆の中でリアルにライブへの参加をしているような臨場感を実感でき、従来のビデオでは考えられない卓越した空間に身を置くことができます。

主要メーカーのカメラに対応

RICOH, Samsung, GoPro, Kodak 等、主要メーカーがサポートする360°ビデオ形式に対応しているため、YouTubeやFacebookで共有可能な形式の360 °ビデオの再生が可能です。

最大限に最適化された再生パフォーマンス

ハードウェアアクセラレーションを利用したビデオ再生を行うため、CPUの消費量を気にする必要はありません。Windows PCから大画面に出力する4kコンテンツも軽快なパフォーマンスで再生が可能です。

UWP アプリケーション

XBOXを始め、Windows 10で動作するユニバーサル Windows プラットフォームアプリケーション(UWP)として動作します。
XBOXのゲームパッドや、Windowsタブレットのタッチパネル操作で、わかりやすい操作感をご提供します。

HMD(ヘッドマウントディスプレイ)への対応(*)

360°ビデオプレーヤーエンジンのリリースは、今年中のリリースを予定しております。
また、Oculus Rift®、HTC Vive™を始め、PC対応のHMD(ヘッドマウントディスプレイ)での再生にも対応して参ります。
(*)2017年度中の対応を予定しています。

     
pagetop